誰かが上田の出会い掲示板に招待してくれました

蘭「いやいや!!!!
E「もちろん…ごめんなさい」
蘭:うん!また今度! 』\

あかんわ…足りなくなったらよかった…

 

誰かが癒します! (TДT)
上田の出会い掲示板からない! !! !! 』\

 

 

それは♪今日は夜勤の終わりで、昨日彼氏が私を昼食に招待してくれました♪

上田の出会い掲示板

 

E「明日の気分でランチに行こう♪」
蘭「えで♪笑」
E「何を食べたい?」\
蘭「お任せください♪」

蘭の上田の出会い掲示板ショップを知っていて、いつもこうやって誘っています♪断りやすいかも…2年以上会っていない♪笑

それでも、今日の夜勤の終わりにLINEを開くと

E「何時にいいの?」\

e?考えながら

蘭:「11時です♪…上田の出会い掲示板は関係ありません!♪笑」
E「気分はどう?」\
蘭:ここで拒否するのはひどいことではありませんか?笑”
E「気に入らなくても大丈夫です♪」
ラン「うーん、正直、どっち?笑」
E「ほなごこ♪その前に髪を切ってみます♪」
蘭:ええ、でも…計画があれば、次回はお昼ご飯を食べてみませんか?笑”
E「もうすぐ終わるから大丈夫ですか…」